沿革

宝塚舞台TOP > 会社概要 > 沿革

1907年10月19日 箕面有馬電気軌道株式会社創立
1913年7月15日 「宝塚唱歌隊」を組織、後「宝塚少女歌劇養成会」と改称
1914年4月1日 宝塚新温泉余興場において歌劇上演開始
1918年2月4日
阪神急行電鉄株式会社に社名変更
1918年5月23日
帝国劇場で初の東京公演
1919年1月6日
宝塚音楽学校設立
1921年 宝塚温泉事務所開設
1923年 宝塚温泉事務所が宝塚経営部に改組される
1924年7月15日 旧宝塚大劇場竣工
1924年 同部に劇場課を設置(株式会社宝塚舞台の前身)
1927年9月1日 日本初のレビュー『モン・パリ』上演
1934年1月1日 旧東京宝塚劇場開場
1943年10月1日 京阪神急行電鉄株式会社に社名変更
1973年4月1日 阪急電鉄株式会社に社名変更
1978年3月18日 宝塚バウホール竣工
1990年12月1日 宝塚経営部をアミューズメントパーク事業部と改称
劇場課は存続
1993年1月1日 新宝塚大劇場開場
1995年6月29日 アミューズメントパーク事業部を創遊営業部と改称
劇場課は存続
1997年12月18日 創遊営業部を創遊営業部と歌劇事業部に分割
劇場課は歌劇事業部に所属
1998年5月15日 歌劇事業部劇場課が同部より
分離独立 株式会社宝塚舞台として発足
1998年5月30日 TAKARAZUKA1000days劇場開場とともに東京事業所開設
2001年1月1日 新東京宝塚劇場開場。劇場運営を受託
2003年5月15日 株式会社宝塚舞台創立5周年を迎える
2004年10月1日 梅田芸術劇場 劇場運営を受託
2008年5月15日 株式会社宝塚舞台創立10周年を迎える
2013年5月15日 株式会社宝塚舞台創立15周年を迎える
Copyright(c) Takarazuka stage Co.,Ltd. All Rights Reserved
阪急阪神東宝グループ