経営理念

宝塚舞台TOP > 会社概要 > 経営理念

経営理念

私たちが企業活動を通じて実現したいこと、
価値観・根源の考え方

私たちは、安全をベースに、技術力を高め、良質な舞台づくりを目指し、演技者には安心・信頼されることを、そしてお客様には夢と感動をお届けすることを通じて心豊かな社会の発展に貢献することを目指します。

私たちは、常に挑戦と創造につとめ、高度な技術力を持ったプロフェッショナルの集団を目指すとともに、従業員一人ひとりの成長と幸福を実現します。

経営ビジョン

私たちの目指すべき姿・将来像

私たちは、宝塚歌劇公演に関する舞台の製作・運営を通じて培った技術・ノウハウと創意工夫により、常に新たな事業にチャレンジし、社会から信頼され、持続的に成長できるオンリーワンの総合舞台会社を目指します。

使命

私たちが果たすべき役割

私たちは、宝塚歌劇公演に関する舞台の製作・運営を担う舞台会社として、安全を第一義に、高品質かつ高効率な製作・運営を通じて、お客様に「夢・感動」をお届けするとともに、阪急阪神ホールディングスグループのコア事業たるエンタテインメント・コミュニケーション事業の歌劇・演劇事業の収益性向上とさらなる発展に貢献します。

経営方針

ビジョン・経営理念・使命を達成するための取り組むべき方針

  1. 舞台の製作・運営を行ううえで、それに相応しい能力、さらには外部でも通用する力を有するプロフェッショナルの養成とそのノウハウの蓄積につとめていきます。
  2. 既成概念にとらわれず、常に挑戦と創造を続け、高品質かつ高効率な舞台の製作・運営につとめます。
  3. 宝塚歌劇公演が開催される劇場において、より効率的な運営形態のもと、舞台運営業務を担っていきます。
  4. 舞台の製作・運営により培ったノウハウ・経験を活かし、外部との提携・連携も含めた外販業務を受託し、当社独自の利益向上につとめていきます。
  5. 宝塚歌劇公演に関する舞台の製作・運営をコアにした総合舞台会社として、機能性及び事業性の面から業界でオンリーワンの地位を築いていきます。

行動規範

経営理念等を実現するために求められる一人ひとりの心構え

私たち、宝塚舞台の役員、従業員一人ひとりは、オンリーワンの総合舞台会社を目指し、持続的成長・発展を実現するとともに、心豊かな社会に貢献し、やりがいと誇りを持って働くことができるように、次のとおり行動します。


  1. 私たちは「法令等を遵守」し、「清く・正しく」行動します
    私たちは、お客様をはじめ創作者、演技者、取引先、株主様など多くの方々に支えられて事業を進め、社会の発展に貢献してきました。これからも、多くの信頼・期待に応えていけるよう、自分の仕事に責任と誇りを持ち、良き社会人・企業人として、コンプライアンス、いわゆる法令やルールを遵守することはもとより、一人ひとりが自律的に考え、清くそして正しく行動し、それぞれの役割と責任を果たします。
  2. 私たちは「プロフェッショナル」として行動します
    私たちは、これまで培ってきた技術はもちろんのこと、自己啓発を行い、新しい技術を積極的に採り入れ、他の舞台会社に負けない実力を身につけ、信用・信頼を勝ち取ります。
  3. 私たちは常に「チャレンジャー」として行動します
    私たちは、既成概念や現状に満足することなく、技術、操作、運営、安全、人材育成、資材調達方法等仕事のあらゆる場面において、「これで良いのか、他の方 法はないか、こうすればもっと良くなる、こんなこともできる・・・など」を自らが考え、失敗を恐れず常に挑戦します。
  4. 私たちは「人」を尊重し、「チームワーク」を活かして行動します
    私たちは、一人ひとりの人格と価値観を尊重し思いやる心を持つとともに、相互に認め信頼関係を築くことにより、チームワークを活かしてより会社全体が最適となるよう行動します。
  5. 「安全」「健康」で明るい職場となるよう行動します
    私たちは、何よりも「安全」の確保に努め、事故防止に最善の注意を払うなど危機管理を図るとともに、本人及び家族の心身の健康に留意し、コミュニケーションが活発で明るい職場を築き、業務に精励します。
Copyright(c) Takarazuka stage Co.,Ltd. All Rights Reserved
阪急阪神東宝グループ